飲食店の集客をアップさせる方法を伝授|オーナー必見

ウーマン

飲食店中心に導入

タブレット

コストや利便性で効果

レジスターのイメージは、大きい製品を思い浮かべるのが通常です。しかしタブレットを活用することもできます。最近ではタブレット端末を利用したレジシステムを導入している企業も多くなっています。特に飲食店などはレジスターをおかずにタブレットをレジスター代わりに利用するケースが多くなっています。メリットはたくさんあります。まずスペースの問題です。持ち運びができることもメリットです。レジスターを設置すると会計作業ができる場所が限られてしまいます。そのため、利便性が悪く制限がかかってしまいます。混雑などの要因になることもあります。しかしタブレットはその場で会計作業ができるのです。次にコスト面です。導入コストや運用コストは固定式のレジスターを導入するのと比較してかなり安いのです。もちろんプランやつけるオプションなどによって変わりますが、基本的に安くすることができる特徴を持っています。そのため、導入への敷居が低くなっています。リアルタイムでの双方向でのやり取りも可能です。レジスターは情報送信専用の製品です。しかしタブレットは送信機能も集計機能も可能になります。そのため、いつでもどこでも確認作業を行う事ができるのです。また拡張性も高いメリットを持っています。出退勤など売上以外の管理も可能になります。クレジットカードなどの情報を接続することもできますので、通常のレジスターと同様な扱いができることも利便性が高い要因となっています。